スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:(-)
OSX86の悪夢 第二夜
ToHはやめて、iATKOS v7で夢を見る事にする。
DVD-ROMで起動して読み込み開始。
だが途中でストップする。
「これもこのパソコンとは合わないイメージだったのか」と諦めかけた。
駄目元で海外モデルの名前である、P1610で検索してみた。
ブログにインストする際のオプションなどアップしている人がいた。
英語だから何を書いてあるのかよく分からないが兎に角成功したという事だろう。

読み込みをストップした所でDVD-ROMを接続しているUSBを引き抜き、
再度差し込むと読み込みを再開する事が分かった。
しかし、この方法で正解なのだろうか?

疑問に思いつつ悪夢は続く。
スポンサーサイト
未分類 コメント:(0)
OSX86の悪夢 第一夜目
まあまあのスペックになったところで、OSX86(Hackintosh)の夢を見る事にした。
先ずは、ToHをインストールする夢を見た。
割と簡単に夢を見る事ができたが、音が出ない。
カスタマイズ画面にドライバ等の選択が無いので、音を出すことは難しい。
また、インストール直後はハードディスクから起動が出来ず。
DVD-ROMから起動しなければならない。
トライ&エラーを繰り返す身にしてみれば、これはかなり不便と言わざるを得ない。
これは諦め、別のイメージを使う事にした。

様々なイメージをDVDに焼いて試したが、途中でストップしたりなどでインストできるイメージがなかなか無い。

今更、このイメージを使う人は少ないと思うが、一応こんな様にインストールすると夢を見ることが出来る。
未分類 コメント:(0)
XP化の悪夢(二夜目)
Tablet PC Editionが届いたので、早速、先のホームページに書いてある通りに入れてみる。
すると、そのページに記述してある順番だとドライバのインストールに失敗する事が分った。
そして、そのページには書いていないインストール方法をする必要があるドライバがあった。
勤務後にしかできないから、何日にも渡って試行錯誤して、インスト法と順番が分かった。

次に何が起こるか分らないから忘備録としてのテキストデータと使用したドライバを保存しておいた。

LOOX P70 U/VのXP化の手順はこれ
未分類 コメント:(0)
XP化の悪夢
俺は小型ノートパソコン、Fujitsu BIBLO LOOX 70U/Vをかなり昔に買った。
メモリーは1GB、CPUはCore Solo 1.2GHzと非力なマシンなのにOSがVistaだった。
パソコンの性能の殆どをOSに注ぎ込んでいるようなもので、ネットに繋いでちょっと大きなサイトに接続すると、
丸で悲鳴を上げるかのように、冷却ファンが回転し続けて使い物にならなかった。

メモリーでも増強できればいいのだが、メモリースロットはMicorDIMMが1つだけ、2GBのメモリーは流通していない為、
偶にオークションに出品されても法外な値段で取引されていた。
そこで俺は物理的増強は無理と判断し、OSをXPにダウングレードする事にした。

家にあるXPを使って実験し、上手く行ったらXPを新たに買うという作戦を立てた。

あるサイトにダウングレードの方法が書いてあったのでそれを参考にして、
Fujitsuのアメリカサイトとシンガポールサイトから海外名であるP1610のドライバを入手した。
しかし、タッチパネルのドライバがどうしても入ってくれなかった。
どうにかインストできないものかと、INFファイルをメモ帳で開いて見てみた。
どうもタッチパネルはPS/2マウス扱いらしい。
参考にP1620のタッチパネルドライバのINFファイルを見たら、こちらはHID扱いらしい。

そこでINFファイルを改造し何とか騙して入れられないものかと悪戦苦闘していたが、
ある時このPCの海外での発表会で表示されている画面を見て気が付いた。
「BIOSのバージョンが違う」
日本向けのものの方がBIOSのバージョンが高かった。
海外サイトから古いバージョンのBIOSファイルを落とし、Fjitsuのユティリティを使って変えようとしてみたが、
バージョンアップは出来ても、バージョンダウンは出来なかった。

そこでOEM版しかないXP Tablet PC Editionをオークションから購入する事になった。
未分類 コメント:(0)
ホームに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。