スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:(-)
マイティー・ソー
原題はThor
もし、現代アメリカに北欧神話の神が現れたらどうなるか。
ソーが愛情を知った。

以上

Thor:Chris Hemsworth:三宅健太
Jane Foster:Natalie Portma:坂本真綾
Loki:Tom Hiddleston:平川大輔
これだけ知っていれば充分。

流石アメリカコミックが原作だけある。
下らない。
意味深にしたつもりだろうが、ロキが地球との通路を作っても誰の得にもならない事はちょっと考えれば直ぐに分かる。
レンタルの価値も無い。
見るだけ時間の無駄。

☆☆☆☆☆
リンクを貼る価値なし。




スポンサーサイト
映画 コメント:(2)
タイタンの戦い
原題はClash of the Titans

大筋はギリシャ神話に書いてあるが、少し改善しているので、取り敢えず粗筋。

ある時漁師スピローズが棺の様な箱を発見した。
中には眠っている母親と赤ちゃんが入っていた。
赤ちゃんは半神でペルセウスと名付けられた。
長じて青年になったペルセウスはスピローズの仕事を手伝うようになった。
ある日母親と妹を連れてスピローズの船に乗ったが、人間がゼウスを貶めている所に着いてしまい、家族三人を亡くしてしまった。

都市アラゴスに連れて行かれ、ハデスと人間の争いに巻き込まれてしまう。
ハデスは次の日食の日に王女アンドロメダをクラーケンに捧げるように告げた。
クラーケンを退治すべく仲間と共に出発し、謎の女性から声を掛けられた。
彼女も半神でありイオという名であった。

彼らの道に立ち憚る者が現れて…

Perseus:Sam Worthington:藤真秀
Zeus:Liam Neeson:津嘉山正種
Hades:Ralph Fiennes:土師孝也
Acrisius/Calibos:Jason Flemyng:小山力也
Io/narrator:Gemma Arterton:甲斐田裕子
Andromeda:Alexa Davalos:林真里花
Draco:Mads Mikkelsen:大塚芳忠
Apollo:Luke Evans:土田大
Athena:Izabella Miko:森夏姫
Solon:Liam Cunningham:仲野裕
Ixas:Hans Matheson:斉藤次郎
Eusebius:Nicholas Hoult:川島得愛
Ozal:Ashraf Barhom
Kucuk:Mouloud Achour:河本邦弘
Sheikh Sulieman:Ian Whyte:辻親八
Kepheus:Vincent Regan:佐々木勝彦
Cassiopeia:Polly Walker:増子倭文江
Prokopion:Luke Treadaway:高木渉
Spyros:Pete Postlethwaite:有本欽隆
Marmara:Elizabeth McGovern
Thekla:Sinead Michael
Danaë:Tine Stapelfeldt
Hermes:Alexander Siddig
Pemphredo:Ross Mullan
Phaedrus:Martin
Belo:Rory McCann
Peshet:Kaya Scodelario
Ares:Tamer Hassan
Poseidon:Danny Huston
Kepheus's General:David Kennedy
Hera:Nina Young
Hestia:Jane March
Artemis:Nathalie Cox
Aphrodite:Agyness Deyn
Hephaestus:Paul Kynman
Medusa:Natalia Vodianova
Demeter:Charlotte Comer

元のギリシャ神話を知っている人は「あれ?」と思う所が多々ある。
蠍がペルセウスを殺すのではなく巨大化して乗物になったり、ゼウスが雨に化けるのではなく鷲に化けたり色々違うシーンがある。
一番の問題はペルセウスに仲間がいる事であろう。
感想は、色々な逸話を纏めたのでちぐはぐな所があるのだが、これは首尾一貫しているので見易い。
CGが良く出来ているので見甲斐がある。
とは言ってもレンタルで充分用が足りる。
まあ、安いから、ギリシャ神話を知らなければスペクタクルなので買ってもいいかな。

★★★☆☆





映画 コメント:(0)
ブラック・スワン
原題はBlack Swan

バレリーナであるニナは自らが主役を演じる夢を見る。

彼女が所属するバレー団は白鳥の湖を上演する事になった。
バレー団の監督であるトマは誰にプリマを務めさせるか考えており、ニナは白鳥の役にはうってつけだが、黒鳥の役には今一つだと思っていた。
トマはそれ迄プリマを務めていたべスを降ろし、ニナを抜擢する事に決めた。
しかし、ニナの身には背中に蕁麻疹が起きたり、爪が割れたりする事が多くなった。
トマはリリーと言う女性をバレー団に招いた。

或る日、ニナはリリーに連れられ、バーに行く。
そこでドラッグを使ってみた。
そこから幻覚を見る様になった。そして…


Nina Sayers:Natalie Portman:坂本真綾
Lily:Mila Kunis:小松由佳
Thomas Leroy:Vincent Cassel:森田順平
Erica Sayers:Barbara Hershey:竹口安芸子
Beth MacIntyre:Winona Ryder:園崎未恵

サイコホラーとして、良く出来ている。
リリーとニナの関係など観ていてドキドキする。
最後のシーンは途中でフラグが立つので、またありがちな展開かな?と思ったが、いい意味で裏切られる。
結局は大差ないけど。
ちょっと採点が甘いけど

★★★★☆








映画 コメント:(2)
ホームに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。