スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:(-)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
原題はExtremely Loud & Incredibly Close

オスカーは父親と「失われた6位」を探すという探検ごっこをしていた。
オスカーは一種の対人恐怖症気味なところがあって、父親は探検ごっこを通じて人と話す訓練をしようとしていた。
様々な物を見付けたり、拾ったり、貰ったりしながら、他人との交流術していった。
ある日はブランコの遊び方を教えて貰ったが、危険だと言って乗らなかった。
ところが、9.11に父親が巻き込まれてしまい、大切な人を亡くしてしまった。

オスカーは父親の遺品を見ようとしてた時に、青い花瓶を落としてしまって、中から鍵が出てきた。
鍵が入っていた封筒には"black"と書いてあった。
それを手掛かりに、オスカーは鍵が合う物を探して探検を始めた。

トーマス・シェル:トム・ハンクス:江原正士
リンダ・シェル:サンドラ・ブロック:本田貴子
オスカー・シェル:トーマス・ホーン:武田華
賃借人:マックス・フォン・シドー
アビー・ブラック:ヴィオラ・デイヴィス:山像かおり
スタン:ジョン・グッドマン岡田吉弘
ウィリアム・ブラック:ジェフリー・ライト:谷昌樹
オスカーの祖母:ゾーイ・コールドウェル:鈴木れい子

サンドラ・ブロックが出ているから見なきゃ!
といって観たものの、涙腺が緩い人は泣いてしまいます。
オスカーとサンドラ・ブロック演じるママとの関係が微妙になるのだが、サンドラ・ブロック演じるママは素敵なママだった。
何故、この邦題なのだろう。
直訳なのだろうけれど、何がうるさくて、何が近いのか分からない。

★★★★★
一つはサンドラ・ブロックへのオマケです。




スポンサーサイト
映画 コメント:(2)
コメント:
--カタカナよりは・・・--

コメントが遅くなってごめんなさいm(_ _)m
携帯で読み逃げしてしまいました・・・・

さてさて。
昔の邦題って、余韻があると言うか・・原タイトルよりも良いものが多かったようですが。
今は、結構カタカナでタイトルそのまま!とか(^^;
直訳?みたいな感じになっていますよね・・

これだと、直訳でなんの捻りもないと言うか。
ん~~~でも、カタカナタイトルにしなかっただけ良しとしましょう(^^)v

サンドラ・ブロックのファンなんですか?
他に彼女の作品のお奨めを教えて下さいね
by: ソミュラ * 2012/12/24 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: カタカナよりは・・・--

読んで頂けるだけでも嬉しいです。

最近に限った事ではないと思いますが、タイトルで損をしている作品が多いですよね。
ソミュラさんとは逆パターンで、直訳かカタカナの方が良かった作品もあります。

ニコラス・ケイジ主演の某作品は、日本語版のタイトルが思いっ切りネタバレ。
本来、クライマックスで判る事が、邦題を見ていると途中で判っちゃいます。

サンドラ・ブロックの大ファンです。
面白い観方としては、キアヌ・リーブスとの共演のスピードでアクションを観た後に、
同じキャストの恋愛映画イルマーレを観る事です。
二人の素晴らしさがよく解りますよ。
by: タッ君 * 2012/12/28 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fuehrer.blog.fc2.com/tb.php/32-62df66d6
BACK ホーム NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。