スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:(-)
ゴーストライター
パソコン路線から急に映画路線に変えます(^^ゞ
先ずは「ゴーストライター」

最初にバイクの男から原稿を盗まれる。
何百ページに渡る原稿だが、それについてゴーストライターに依頼する経緯は問われない。
だが、何故か原稿が依頼主の所に有る。
私はよく知らないのだが、出来ている原稿にゴーストライターが絡む必要性を感じない。
編集者であっても良いではないかと思う
主人公よりも周りの振舞いに注目。
誰もがチェックするだろうと思われる場所に様々な手がかりがある理由は問わないとして、映画を観慣れている人は途中で先行きが見え仕舞うような話だった。

迫りくる敵の姿や、誰の何を信用していいのか分からない所はスリリング。
多少ネタバレ(こんな事で売れ行きが左右されるとは思えないが)主人公の名前は結局出てこない。
最後は「ああ、そんな感じだな」と誰でも分かる予定調和。

★★★☆☆

スポンサーサイト
映画 コメント:(0)
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fuehrer.blog.fc2.com/tb.php/5-c0c150d6
BACK ホーム NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。